かつらに関する情報が満載!

かつらのイメージ

髪が抜け落ちてしまっても安心できる医療用かつら

近年、医療用のかつらを取り扱っているお店が多くなりました。
特に抗がん剤の副作用で髪が抜けてしまった方に人気となっており、自毛のようにオシャレを楽しめます。
病気など様々な理由で髪が抜けてしまうと気分も落ち込んで思い通りに外出する事も出来なくなってしまいます。
そのような方に少しでも精神的負担を軽減できるために開発されており、長時間身につけていても軽い、手入れが楽、通常の商品と比べても医療用は頭皮トラブルが起きにくい特徴もあります。
頭皮に痒みを感じやすい方にも安心して身につけられ、皮膚の炎症や痒みといった予防効果も施されています。
このような点が通常の商品と違うので病気などで毛が抜けてしまった場合は医療用を選ぶと安心して使用できるといえます。
また、人工肌が取り付けられているので分け目も自由に変更できますし、サイズ調整できるようになっているので外出時は外れないように強めに調整して、部屋でくつろいでいる時はゆるめにして過ごす事も出来ます。
医療用かつらの一般的な費用はミディアムスタイルで7万~8万円ほどです。
ショートスタイルならもう少し料金が安くなりますし、ロングなら当然高くなり、毛質によっても料金に違いがあります。

似合うかつらを選ぶポイントと和装小物の種類

新婦の和装スタイルには「白無垢」「色打掛」「引き振袖」「本振袖」などがあります。
挙式では白無垢、披露宴では色打掛、お色直しではウエディングドレスに着替えるのが、和装の一般的な流れです。
洋装から和装にお色直しをする場合は、着付けに時間がかかるので、事前に確認をしておきます。
普段着る機会の少ない和装は、手に取ったときと着たときの印象が変わりますので、必ず羽織ってみて顔映りをチェックします。
また、衣装と一緒にかつらも試着してサイズの確認をしておきます。
かつらが頭にフィットしているかを確認し、かつらが顔の形に合うかチェックします。
横から見て、ビン(耳の前の髪)と小鼻、タボ(襟あし)とあごの高さが同じくらいに見えるのが望ましく、似合うものを選ぶポイントです。
また、和装小物には結婚についての深い意味が込められています。
白無垢のときに文金高島田の上からかぶる袋状の帽子が「綿帽子」ですが、「婚礼が終わるまで花婿以外の人に顔を見せない」という意味があります。
日本髪の文金高島田を帯のように覆う白い布が「角隠し」で、主に白無垢、色打掛に合わせますが、「角を隠して夫に仕える」という意味を持っています。
和装を着用する際に、手に持ったり、胸にさす扇子が「末広」で、「末広がりに幸せになるように」という意味が込められています。


Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_AA/script/randlink.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/ywbvqmm9/public_html/inc/randlink.php on line 12
▲ページ上部へ